利嫋仇夕
ちいさな怎治

ゞちいさな怎治〃頁僂禝漬赤恬瞳辺村壓ゞBeautiful/ちいさな怎治〃廨辞嶄。

梧簡

ちいさな怎治
  - 僂
  この枠にく祇
  採があるかな
  匯ずつ未みしめる業
  療こえる
  はじめての咄
  はじめての腎
  日いて 日いて 送した
  音房咏と伉が這れてきた
  堝がなくなって需えたのは
  寄嬋健 知需る日き恰
  啾を竃して敬び埆えた
  弌さな嫌で
  さっきまでの徭蛍より
  膿くなれた
  匯偖に梧おう
  返と返つないで
  佛がキラキラ市く匚
  寄きな握で蓄りにつく
  知の嶄でも梧っていた
  また苧晩 知需る日き恰
  寄きな謁に羨ち峭まる扮
  そっと房い竃して
  敬び埆えたあの晩
  知の嶄の梧も
  嘘嶄兀してくれる
  きっと
  日いて 日いて 送した
  音房咏と伉が這れてきた
  堝がなくなって需えたのは
  寄嬋健 Ah
  佛がキラキラ市く匚
  寄きな握で蓄りにつく
  知の嶄でも梧っていた
  また苧晩 知需る日き恰
  また苧晩 知需る日き恰 [1]


犢慘蔦騨銅
  • 稽賑倡
  • 綏紿岻岱
  • 淺珍
  • 果社播將
  • 崘酵窮徨
  • 甍重
  • 澤紐
  • 川写寢
  • 稙埴
  • 癡勸喟蟻
  • 犢愆併禊糞