利嫋仇夕
ひとひら雑宴り

ゞひとひら雑宴り〃頁耳股丗紗議咄赤恬瞳辺村壓ゞてのひらあわせ〃廨辞嶄。

梧簡


  尅り卦り また序む 穫の祇へ
  ほころぶつぼみ剿ぎ 閉いを崩ねた
  
  ひだまりがほどいた院┐Δ垢蕕ぃから
  垳うが吝れ竃す
  あたたかい絞 れた
  
  き鹿う雑苧かり それがこの壱
  たたえあう傳しい丶冲 いつも啾菊す
  
  さざ襖に敬び柳ねる高あつめて
  唄篠せの欠がほら 房い竃も塰ぶ
  
  ひとひらの宴りを 湿准が半め
  めくるの方 怪う
  ゆずれぬ垳い 譴
  
  送れ吏┐罍く雑靴 朕峺す斡へと
  この知に敬び羨てた魁侭 扮の唹を淫む
  
  き鹿う雑苧かり それがこの壱
  たたえあう傳しい丶冲 いつも啾菊す
  送れ吏く雑靴 燃莞の今へと
  たまゆらをつなぐ壱が 扮お尅り徨す
  絞 いつもそばに´ [1]


犢慘蔦騨銅
  • 弊順峇弥坩廓偏
  • 羨咄忽縞
  • 唖暢櫛瑚帽戯
  • 薩汐少
  • CCES
  • 司斐涙貧
  • 爺勣鯛嚏弟勣灼埆丞丞朕
  • 協楚冩梢
  • 表今講霧
  • 親憩芦掴
  • 緑采
  • 犢愆併禊糞